未経験でも独立開業・フランチャイズ起業で成功するために必要なことを知りリスク回避

フランチャイズチェーンの総店舗数は2万5000店(2012年)を超え、業界全体の売上高も3年連続でプラス成長をするなど好調な伸びを見せています。

チェーン店数と売り上げ金額のイメージグラフ

 

経営の初心者でもリスクが少ないと言われるフランチャイズチェーンですが、選び方によってはもちろん失敗してしまうこともあります。
このサイトでは「フランチャイズ経営」について良い部分だけでなく現実的な視点から考察し、フランチャイズでの成功率をアップするために必要な情報をまとめていますので、資料請求や加盟前の参考になれば幸いです。

 

 

説明するビジネスマン

フランチャイズ加盟の流れを知る

フランチャイズ独立起業で成功する人と失敗する人の違いとは

儲かって喜んでいる店と従業員

フランチャイズ加盟で独立開業するメリットとデメリット

初期投資低め・利益率重視のおすすめフランチャイズ

 

 

フランチャイズで独立起業するオーナーに必要な資質とは?

 

フランチャイズに限ったことではありませんが、独立起業で大切なのは「自分に合った業種を選んだか」ということです。
よっぽど頭が良く器用な人でない限り、興味や関心のない仕事を長年続けるのが困難なのは独立したオーナーであっても同じではないでしょうか。
経理事務だけに専念したいと思っていても、オープン時や繁忙期には接客をしなくてはいけない事態は起こります。
それになにより、スタッフの人材育成や円滑なサービス改善をするには、顧客対応への熱意と現場での知識が必要です。

 

コンビニ店員

 

  • 接客販売や人と話すことが好きか
  • 技術を身につけるための研修ができるか
  • 開業資金面での余裕はあるか

 

…といったポイントを押さえつつ、自分の経験や性格をうまく活かせるフランチャイズチェーンや業態を選んでください。
また、定年後の年配者や女性でも起業しやすいフランチャイズオーナーですが、打ち合わせなど人と会う機会は多いため、最低限の体力は求められます。