フランチャイズ加盟で独立起業するメリット・デメリットと脱サラ前に損しないためのチェックポイント

フランチャイズ加盟で独立起業するメリット・デメリット

フランチャイズに加盟する一番の長所(メリット)は、会社経営の未経験者でも成功する可能性が高いことです。
多くの店舗で採用され効果のあった経営ノウハウを受け継げるのが一番のポイントで、未経験や税金・法務関係の知識不足でもスムーズにいくビジネスはなかなかありません。
さらに、短時間で仕事内容を教育できるマニュアルが充実していますし、独自の安い仕入れルートも紹介してもらえます。
テレビCMや広告で耳なじみある有名企業の商標イメージは安心感があり、コネがない地域・新しいお店でも顧客獲得が容易なのも魅力と言えます。
また、本部から派遣されるスーパーバイザー(SV)による指導が受けられ、行き詰ったりわからないことがあればすぐに相談でき便利です。

脱サラで成功したい男性

 

そのほかに共通するフランチャイズ起業メリットとしては

  • 熟練のスタッフ派遣
  • 個人では見つけられない条件の良い立地紹介
  • 資金調達の相談
  • 効率の良いアルバイト研修

 

などがあります。そして、企業やタイミングにもよりますが

  • 既存店引継ぎ

という話が舞い込むことも。
新店の開業は固定客がつくのに時間と広告費用がかかりますが、実績のある既存店を引継ぎできるケースもあります。

 

また、自分がオーナーとして多店舗経営をしていく場合でも、フランチャイズの「しっかりした経営マネージメント」と「従業員教育ノウハウ」のおかげで、店長教育がスムーズに行くという点が大きな強みです。

 

フランチャイズチェーンに加盟するデメリット(短所)

 

フランチャイズの大きなデメリットはやはり、「品物やサービス内容に関して個人の裁量でできることに制限がある」点です。
本部の経営方針や店舗担当のスーパーバイザーの意見を常に聞かなければいけないため、個性の強いお店作りはできません。

 

そのほかの重要ポイントとしては、人材研修のノウハウや新製品情報などは重要な秘密事項であり、加盟店オーナーであっても守秘義務があることです。
近年、飲食店・コンビニのアルバイト店員が悪ふざけをした画像がツイッターやSNSで炎上し、閉鎖する店舗まで出て話題となりました。

 

フランチャイズ店のキッチンイメージ

フランチャイズとして看板を同じにしている以上、たとえ学生バイト1人が迷惑行為をしただけでも全店のイメージダウンや株価の下落という影響が出る可能性があります。
バイトの育成や情報管理なども、オーナーとして責任を持たなければいけません。
努力が嫌いであったり、周りの人と良好な関係を保てない性格の人には、地域で長く愛されるお店作りは難しいでしょう。

 

売上金の一部を本部に支払うロイヤリティ方式のフランチャイズでは、期間内に途中解約すると違約金を支払う契約を結ぶことがほとんどです。
業績が悪くてやめたくなったり、家族の事情と言ったプライベートでのトラブルで経営が困難になっても、違約金は発生します。
フランチャイズ本部も初期投資はしていますし継続した収益が欲しいので、契約前に面談をして中途解約が起こりそうな人かどうか見極め審査しているのです。

 

脱サラして独立開業する注意点

フランチャイズ加盟をする前に、会社勤めをやめて個人事業主になる上での注意点も知っておきたいところです。

 

書類に捺印する女性

個人事業主になると、それまで会社が負担してくれていた労働保険(労災と雇用保険)がなくなります。厚生年金の積み立てもなくなりますし、当然ながら失業保険金も定年時の退職金も支払われません。
勤務中・労働中に起こるケガや病気への備えとしては、個人で労働災害保険に加入する必要があります。
さらに、毎年かならず帳簿を元に所得税や事業税などは自らで確定申告で届け出て支払いをすることになります。

 

また会社を退職した翌年には、たとえ失業中で貯金が無くても住民税と国民健康保険が請求されます。
この2種類の税金は前年の所得に応じて決められるため、退職する前段階で納税予定額を計算し、生活費とは別に予算を分けておいたほうが良いでしょう。

 

そのほかに、個人事業主になると「クレジットカードの新規申請が通りにくくなる」「住宅や車のローンを組むのが困難になる」というデメリットも起こります。
いくら会社の経営状況が良くても業務内容がすばらしくても、ローンの審査は通らないと思っておいたほうが良いです。
クレジットカードやローンが必要ならば、退職前の会社員という肩書きがあるうちに申請し、独立開業以前に受け取れるようにしておきましょう。