フランチャイズ独立起業で成功する人と失敗する人の違いとは

フランチャイズで成功する人と失敗する人の違いとは

フランチャイズ加盟での独立起業はリスクが高い?

 

フランチャイズ加盟での起業といえば、開店したがお客さんが来なかった…毎月支払うロイヤリティが高額だ…など「こんな悲惨な失敗例があるからやめておけ」といった話を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。
しかしその一方で、長年地域に根ざして売り上げを伸ばしているフランチャイズチェーン店も数多くあります。あなたの周りでも、通るたびにいつも混んでいる繁盛店があることでしょう。
そもそも独立開業という行為にリスクがあるのであり、FC(フランチャイズ)でなく個人店の開業でも、成功する人と失敗する人に明暗が分かれることを理解しておく必要があります。

 

フランチャイズについて考える女性

ネットでフランチャイズの成功率について検索してみると、完全独立経営よりもフランチャイズオーナーの方が会社の事業存続率が3倍高いという意見がある一方、掲示板や質問サイトでは大変なので加盟するなという口コミもあります。独立経営とFC開業それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、人それぞれ自分に合った挑戦の方法があるでしょう。

 

ひとつ言えることは、FCは成功モデルが確立している分失敗率が低いという真実です。
多くの経営コンサルタントが指摘していますが、失敗する起業家に共通しているのは「経営に必要な情報を知らない」ことだそうです。
サービス業にはサービス業界の、飲食店には飲食業界のセオリーとも言える常識や法律が存在しているのですが、起業したばかりでは知識不足が原因で失敗することが多くみられます。
たとえば、どんな場所に出店するのが一番常連客がつくのか・信頼できる内装業者はどこか・仕入れルートはどこがいいのか等。個人の思い込みで試行錯誤しているうちに資金不足に陥いってしまい、泣く泣く夜逃げするオーナーは後をたちません。
FCの場合、上場企業が長年かかって得たビッグデータや顧客管理のノウハウをはじめとして、経営や経理に関するサポートもあることを考慮すると、自分で1から始めるよりローコスト&ハイリターンという側面も見えます。

 

フランチャイズ加盟したら誰でも稼げる?

フランチャイズ(Franchise)という言葉は「人・会社に一定の販売権利を与える」という意味です。社団法人日本フランチャイズチェーン協会は、フランチャイズを「本部事業者(フランチャイザー)が他の事業者(フランチャイジー)と契約を結び、商標・トレードマークおよび経営のノウハウに一定の対価を支払うことで商品販売やサービス事業を行う権利を与えること」と定義しています。
ここで注意したいのは、本部と代理店はそれぞれ独立した経営体制になるということです。
フランチャイズ契約は本部と「対等な関係」の独立店舗であり、子会社や下請け企業ではありません。

 

お金と人

定年リタイヤ組や女性など商売未経験でも始めやすく、実際に成功しているオーナーも多いのがフランチャイズ加盟の強み。
もちろんフランチャイズ支店になれば必ず成功するわけではなく、個人店開業と同じで本人のやる気や努力によって業績は変わります。
コンビニFCに加盟したゆえの悲惨な失敗談もありますが、そもそも独立開業するにはリスクがつきものです。
母体の大きな上場企業でも、為替の影響を受けたり、景気が良くなったり悪くなったりで売り上げ高は変動しています。予期せぬ災害やライバル店の出現でも経営に影響が出るでしょう。
はっきりと断言できるのは、「有名なフランチャイズチェーンだから儲かるだろう」という軽い気持ちで加盟する人は、失敗の可能性が高いということです。

 

フランチャイズ加盟オーナーに必要な心構え

 

  1. 自己責任能力がある
  2. 他人の意見やアドバイスも聞ける
  3. 売り上げを良くするための向上心がある

 

フランチャイズ開業のアドバイザー

個人店開業とフランチャイズ加盟で大きく違うのは、「統括本部があるかないか」です。
多くのフランチャイズ本部では、地域ごと・店舗ごとに専任スタッフ(SV・スーパーバイザー等と呼ばれる)が担当としてつきます。
売り上げを増やすための情報分析やアドバイスをするほか、チェーン店としてのイメージを損なっていないか・契約違反行為がないかなどをチェックするのが仕事です。

 

自分のお店ならば開店時間や商品(サービス)を好き勝手にできますが、フランチャイズ加盟店である以上キャンペーンや仕入れに関する規約はありますし、担当者の意見や指導サポートも受け入れなくてはいけません。
顧客の要望や流行の移り変わりによって、サービス内容が増えたり変わったりすることもあります。店舗売り上げを伸ばすためには、柔軟に対応できることが不可欠です。
アドバイザーや従業員の声を聞ける幅広い視野と、それをうまく売り上げアップに結び付けられる行動力が求められます。
人間性が重視されるため、「会社勤めがイヤだから独立起業したい!」という甘い考えしかない場合、収益モデルがしっかりした大手フランチャイズでは断られる可能性もあります。

 

フランチャイズチェーンオーナーからステップアップ
株式会社バースの香川洋二氏は、四国で1992年に個別指導学習塾・明光義塾のFCオーナーとして起業した後、多店舗経営を経て自身の発案である健康マッサージエステティックサロンを開業しました。
現在は関西でエステチェーンを拡大するほか、プランタン銀座や青山にアパレルブランドも出店しており、グループ全体で5,5億円を売上げています。